鼻も綺麗にメイクできるようなファンデーションとの付き合い方

鼻も綺麗にメイクできるようなファンデーションとの付き合い方

いちご鼻などの悩みは見た目の問題で悩みやすいですが、実はメイクと向かい合うことが大事であり、ファンデーションとの付き合い方次第です。肌悩みは隠そうとして何度も塗り直しやすいですが、あえてライトなメイクをすること、そんな簡単で美しく仕上げます。

毛な悩むのカバーにメイクの厚塗りの必要は無し

いちご鼻をさらに悪化させてしまうのは、ファンデーションの厚塗りです。隠すことを考えると、何度も重ねて塗りたくり、見た目に不自然なメイクを仕上げてしまいます。毛穴の開きと角栓の詰まりの結果である肌状態に、毎回厚塗りで対処をしていると、肌への負担が重なるばかりです。厚塗りメイクは1日の終わりのメイク落としでも、とても落としにくい状況つくりますので、厚塗りはしないようにします。メイクはライトにしたほうが見た目もナチュラルですし、クレンジングでの余計な負荷もかからないです。重ね塗りで厚塗りをするよりも、パウダーなどで軽いメイクをするようにします。

油分の多すぎるメイクコスメは使いすぎない程度に

毛穴の開きも黒ずみも気になるいちご鼻のメイクですが、油分のメイクも悪化させる要因です。クリームタイプやリキッドファンデーションは、肌馴染みの良さからの低直が良いため、カバー力があります。ソバカスやシミをカバーするんは良いとしても、毛穴のカバー力としては考え物であり、油分の多さがネックです。いちご鼻になる要因は毛穴に、皮脂という油分が汚れと混ざり、詰まる状態なので、余計な油分を大幅増量しやすくなります。ではマイクができないかというとそうではなく、メイク下地を上手に活用することです。メイク下地は油分たっぷりではないので、その下地が守ってくれます。

フェイスパウダーを上手にメイクに取り入れる

顔の真ん中だけに気にしやすい、いちご鼻も隠せるメイク術として、フェイスパウダーは大活躍です。化粧下地を塗り、そのあとでリキッドファンデーションを使用して構いません。肌に馴染ませてからの対処として、ルースパウダーなどを軽くのせるのがポイントです。すると軽いおあうだーたちのおかげで、メイク崩れも起きにくくなりますし、メイクのヨレを防止することにもなります。いちご鼻を目立ちにくくするメイク術として、鼻筋にハイライトを入れることで、光による拡散作用が期待できるのもコツです。光による拡散作用は、毛穴もくすみも目立ちにくくしてくれます。

まとめ

鏡で見ても気になりやすいいちご鼻は、ファンデーションやパウダーでカバーです。コツは化粧下地を塗ること、ラストにフェイスパウダーをのせること、さらにメイク前の基礎化粧品での保湿をしっかりとすることで、ナチュラルな仕上がりになります。

比較ページへのリンク画像