いちご鼻が治らないときの原因と改善の対処

いちご鼻が治らないときの原因と改善の対処

いちご鼻がなかなか治らないとき、お手入れや肌状態に原因が潜んでいます。気になるため何度も強く毛穴を擦り洗いしたり、強い洗浄剤を使用するなど、ハードなケアは肌に負担ですが、意外とソフトなケアは、毛穴問題解消の助けです。

洗浄力の強い洗顔料での過剰な洗顔は控えること

記事のイメージ画像

いちご鼻が治らないときにふり返るべきなのはケアであり、強い洗顔料での過度な洗顔はNGです。毛穴汚れが皮脂と詰まり角栓ができるので、汚れを落とす洗顔は何よりも大切ですが、1日に何度も顔を洗う必要はありません。市販の安価な洗顔料は洗浄力が強いので、何度も洗うと必要な水分と皮脂が落とされてしまい、皮膚は乾燥を起こしてしまいます。皮膚の乾きはたくさんの皮脂の分泌を招くことになりますので、余計に鼻の毛穴を詰まらせる要因となりやすいです。強い力でのゴシゴシ洗いと、強い先顔料の使い過ぎには注意をすること、ソフトな洗顔を丁寧にすることです。

バリア機能が低下するような毛穴パックの使い過ぎ

いちご鼻が治らないときに思い返すべきこととして、バリア機能低下を促すようなケアをしていないかです。小鼻の悩み解消のために手軽に購入できるアイテムとして、ドラッグストアでも市販のある、毛穴パックを愛用するケースもあります。手軽に角栓や汚れが取れるので、毛穴ケアには昔から重宝をされていますが、ハードに使いすぎると逆効果です。気を付けるべきなのははがし取るのは角栓だけではなく、必用な周囲の角栓まで除去することだと言えます。皮膚細胞は綺麗に並んでいますが、頻繁な毛穴パックにより、細胞は乱れてしまい、皮膚のバリア機能が低下をするので、いちご鼻は治りにくいです。

様々な雑菌や皮膚のターンオーバーも要因に

いちご鼻が治らない理由として考えられることは、雑菌とターンオーバーのこともあります。鼻というパーツは無意識に、素手で触れることが多い場所であり、手から鼻に雑菌が移動をしやすく、それが鼻の毛穴悩みを持続させる要因の一つです。頻繁に無意識に鼻に手が触れる人は、皮膚が厚みを増して硬さを盛りますので、毛穴を圧迫して汚れは取り除きにくくなります。鼻の毛穴問題に関わることとして生活習慣もあり、皮膚サイクルを正常化することも大事です。皮膚のターンオーバーの乱れは毛穴問題に発展しますので、食生活と生活習慣を正して、小鼻のターンオーバーも正常化させる必要があります。

まとめ

いちご鼻が治らないというときには何かしらの原因があるので、ケアと生活習慣を見直すことです。小鼻の皮膚トラブルは小さなパーツの問題ではありますが、正しいケアと生活習慣を正すことは、この小さな問題を解消に導いてくれます。

比較ページへのリンク画像