いちご鼻やみかん頬の肌の悩みを解消するために

いちご鼻やみかん頬の肌の悩みを解消するために

記事のイメージ画像

みずみずしいフルーツはジューシーですが、肌の表面がその状態になると、いちご鼻やみかん頬という肌悩みになります。お肌の状態は艶々していて、ツルツルで滑らかなのが1番ですから、滑らかさのない肌は日々のお手入れで改善です。

ミカンのような肌になるのはキメの粗い肌の証拠

名前としては一見すると可愛いですがみかん頬というのは、頬の皮膚のキメが粗いということです。頬はツルツルのすべすべなはずがなぜみかんのように、ざらつきがあるキメの粗い状態になるかというと、理由はいくつもあります。みかんレベルの頬の皮膚を招く原因の一つは、頬の毛穴からの過度の皮脂が原因です。なぜたくさんの皮脂が出やすいかですが、皮膚の新陳代謝が乱れたり、ホルモンバランスが崩れるのがきっけになります。頬は太陽からの紫外線の栄養も受けやすくて、頬への紫外線の悪影響により、皮膚の酸化を促進させるのも一つの要因です。

いちごみたいな黒いつぶつぶのある鼻

いちご鼻は果物のいちごみたいに、黒いつぶつぶが目立つ肌状態であり、角栓が酸化して黒くなっている状態です。毛穴の数も多くて皮脂分泌も盛んな小鼻ですから、皮脂がとても多い場所ですし、ホルモンやのアンバランスや刺激などで、さらに皮脂分泌八加速をしやすいパーツでもあります。通常の量の皮脂分泌は悪いことではなく、外的刺激からの保護にもなるので良いものです。適度の皮脂の分泌は、皮膚を乾燥からも守りますので、天然のクリームのような油分でもあります。でもたくさん出てきすぎてしまうと、処理をしきれないために、毛穴に汚れと詰まりやすくなり、黒いブツブツが目立つ状態の完成です。

ツルツルの赤ちゃんのような素肌を目指して

いちご鼻もみかん頬も改善のために必要なのは、皮膚のターンオーバーの正常化がポイントです。まずは洗顔を行い肌を清潔にさせること、クリーンな肌になったら高濃度の保湿で、肌に潤いを与えていきます。肌のキメが荒れていて、毛穴に汚れが溜まりやすい頬や小鼻は、皮膚の新陳代謝が大幅に乱れている状態です。だから美肌のための基礎的なお手入れを見直して、洗顔と保湿をまずは徹底させる必要があります。毛穴と肌の問題は紫外線の影響力も大きいですから、頬も小鼻も毎日紫外線対策を行うことです。日焼け止めクリームは小鼻にも頬にも塗布して、顔は凹凸がありますので2度塗りをします。

まとめ

いちご鼻もみかん頬も根本原因は、皮膚の乾燥と皮膚サイクルの乱れです。毛穴が乾けば過度の皮脂分泌が起こりますし、新陳代謝も乱れてきめの粗い毛穴の目立つ肌になります。正しくて優しい洗顔をすること、保湿をたっぷりとすること、そしてホルモンバランスを整える生活を心がけることです。

比較ページへのリンク画像