いちご鼻の悩みを改善するためにできるポイント

いちご鼻の悩みを改善するためにできるポイント

いちご鼻の悩みを改善させる方法はいくつもあるものの、毛穴悩みの原因は何かを把握するのが第一歩です。毛穴をクトク目立たせているのは、どのような行動パターンが招いているか、自ら明確にして向かいあい、そのうえで適した対処でケアをします。

毛穴の黒ずみができる原因から知ること

記事のイメージ画像

いちご鼻の悩みでもある黒ずみはなぜできるのかですが、ホコリと皮脂の酸化した状態の結果です。皮脂やホコリなどは最初から硬いわけではなく、毛穴に詰まり時間とともに酸化をして、次第に角栓となり毛穴に詰まる工程があります。酸化した状態ですから毛穴には、黒いいちごの種のようなボツボツができて目立つ状態です。しかし角栓は見事なまでに毛穴を開かせますので、黒い汚れがさらに毛穴に詰まりやすくなって、毛穴汚れはもっと目立つという悪循環にもなります。表皮にも毛穴にも汚れが付着しやすいのは、顔の中でも鼻パーツは突起しているからです。皮脂分泌過多の傾向にある場合、日頃の洗顔が度を過ぎていることも考えられます。

黒ずみと毛穴の開き解消に役立つ毛穴開きアイテム

いちご鼻の悩み解消に一役買う、毛穴開き改善のお手軽アイテムの一つが、手軽に作れる蒸しタオルの存在です。エステサロンでは業務用のスチームで毛穴を開かせるので、ホームケア用の美容家電のスチーマーで、毛穴を開かせるもの良い方法になります。家庭用のスチーマーがない場合は、タオルを濡らして硬く絞り、電子レンジで少しばかり加熱をして、蒸しタオルを用意することです。気になる場所に蒸しタオルを置いてしばらくすれば、毛穴は自然に開いて汚れも浮き出やすくなります。鼻に関わる皮膚の悩みは、毛穴をいかに自然に開かせて汚れを取り去るか、まずはここからが課題です。

先顔料には弱アルカリ生の接見を使い泡立てて使う

鼻の毛穴悩み解消には先顔料にも意識を持ち、弱アルカリ性の石鹸を用いて泡立て使います。大量生産される安価は一般の洗顔フォームなどは、界面活性剤たっぷりの洗浄力が強いタイプです。汚れを落とすために作られているので、強い洗浄成分で肌を何度も洗えば、肌から必須のうるおいは消え去ります。石鹸は元から使われる成分がシンプルなので、肌にもさほど大きな刺激にはならず、弱アルカリ性を選ぶのがポイントです。毛穴の黒ずみも開きも解消をすると決めたら、石鹸は良く泡立ててマッサージするように使います。石鹸の泡洗顔にかけた時間の、その倍の時間を丁寧に、すすぎのために使うことです。

まとめ

いちご鼻の悩みはまず問題と向き合うこと、原因を把握したら、毛穴に柔軟性を持たせて正しい洗顔をします。毛穴には強い力を加える必要はなく、泡での洗顔を行ったら、ビタミンC誘導体などの美容成分で、十分に保湿をすることが大事です。

比較ページへのリンク画像