洗顔後のたっぷりの保湿こそ美肌の秘訣

洗顔後のたっぷりの保湿こそ美肌の秘訣

毛穴レスな健やかなスキンを目指すコツは、洗顔後のたっぷり保湿に秘密が隠されています。皮膚は乾くとキメが乱れて、ケアにも汚れが溜まりやすいので、乾燥をさせた状態から解放させることが必要です。顔を洗ったら肌に潤いを与えること、毛穴を気にしないで済むスキンケアの秘訣になります。

毛穴が目立ちやすいのは皮膚の乾燥が激しいため

スキンケアでの悩みとして毛穴のトラブルは悩みやすく、その多くは皮膚の乾きが関わっています。いちご鼻を気にする人が多いですが、実はこれも皮膚の乾きが関わるので、皮膚の乾燥を改善するのが大事です。黒い毛穴も開いた毛穴も気になりますが、根本的に皮膚が乾燥をしていると、毛穴は面白いくらい開きます。できるだけ気になるから触れないではなく、意識して行うべきなのは、水分と油分を与えるケアをすることです。乾いた皮膚は自らうるおいを与えるため、過度の皮脂分泌をして毛穴を詰まらせ、皮脂の酸化でいちご鼻になりやすくなります。

毛穴には汚れを残さない優しい洗顔を

洗顔後の保湿は毛穴レスの肌には必須であり、その前段階として、洗顔による肌を清潔にすることはもっと大事です。美しいスキン状態を維持するため、そのよい状態に近づくためには、毛穴に汚れが残っていてはいけません。美しさを求めて高級化粧品を購入しても、表皮には古い角質があり、毛穴には酸化した皮脂が詰まっていたのでは、良い美容化粧品も浸透はしないからです。洗顔をする際のポイントになるのは洗顔料の扱いであり、ホイップ状に泡立てて洗顔をします。泡の状態の洗浄料は毛穴奥までの汚れを吸着するので、力を入れずにクリーンな肌のための洗顔ができるためです。

化粧水と乳液と美容液を使いこなすこと

いちご鼻撃退の対策としても予防としても、洗顔後には満たす保湿を習慣にします。洗顔をするとある程度の水分も美容成分も落ちますので、必ず顔を洗ったら基礎化粧品でのお手入れを行うことです。洗顔後はスッキリとして気持ちが良いので、そのまま放置をしてしまいやすいですが、水分の蒸発はうるおいも一緒に奪います。顔を洗った後はできるだけ早く、30秒以内には基礎化粧品でのケアを始めることです。化粧水だけのケアでは余計に乾燥しやすく、美容液と乳液も必ず使うようにします。水分が90%以上の化粧水は蒸発をしやすく、それを守るのが美容液と乳液、あるいはクリームです。

まとめ

洗顔後はそのままにしないですぐに行うのが、素肌への十分な保湿ケアです。いちご鼻で悩むのも、あらゆる肌トラブルが招かれるのも、皮膚の乾燥をした状態が、大きなマイナスの影響を与えています。基礎化粧品は惜しみなく使い、肌に潤いを与えること、基本的な美肌の鉄則です。

比較ページへのリンク画像