いちご鼻の種類別の原因と対処お手入れ

いちご鼻の種類別の原因と対処お手入れ

いちご鼻にも実はいくつかの種類がありますので、毛穴の開きの原因と適した対処があります。毛穴が詰まるタイプやオイリータイプ、メラニン蓄積タイプや、毛穴開きタイプなど、原因を理解して必要なお手入れをすることです。

老廃物と皮脂が詰まる角栓が原因の毛穴詰まりタイプ

記事のイメージ画像

いちご鼻の種類として、古い角質や皮脂をため込んでできるのが、角栓が詰まる毛穴詰まりタイプです。脂腺性毛包の毛穴は鼻の毛穴の特徴ですが、それは皮脂がほかのパーツより、あきらかに分泌が多いということでもあります。鼻の毛穴には、古い皮脂や空気中のホコリやチリなどが溜まりやすく、角栓が生じて詰まりやすいです。古い皮脂の詰まりの醜態でいですから、その70パーセントは皮脂であり、タンパク質汚れだと言えます。対処としてやるべきことは、毛穴をできるだけ柔軟いすることです。洗顔では弱アルカリ性の洗顔料を使用して、汚れの吸着をよくして落とすことです。

皮膚の乾きが招くオイリー肌が原因のタイプ

いちご鼻の種類として皮膚の乾燥が導いてしまうのが、オイリー肌が要因となるいちご鼻です。洗顔を毎日行っても、鼻筋や額は脂っぽさが目立ち、触れてみてもテカりがあるという状態ですから、メイクも皮脂により崩れやすくなります。分泌量が多すぎるがゆえに毛穴を無理やり押し広げてしまい、開いた毛穴に角質や皮脂がさらに溜め込まれて、状態は酸化して黒ずみまっしぐらです。皮脂で毛穴は常に広がっていますし、油分の多さを気にしてスキンケアをセーブさせるので、余計に毛穴が開いて毛な悩みが悪化しやすいです。正常な毛穴と皮膚状態に戻すことが先決であり、肌の角質層を潤わせるケアをします。

角質が硬くなり柔軟さのない開き毛穴タイプ

いちご鼻で毛穴開きタイプの種類は、角質毛かがなく皮膚に柔軟さのない状態です。毛穴の角栓歴が長くなりることで、毛穴にも柔らかさが消え失せてしまうと、形状記憶の要否毛穴は開きます。毛穴はやけに目立ちやすく、目立ちやすい皮膚にくぼみを生じてしまう、それが開き毛穴のタイプです。まるで穴が開いたようにくぼみを生じる開き毛穴は、皮膚がもとに戻りにくくなっています。問題は皮膚のターンオーバーが乱れていること、エラスチンやコラーゲン低下も理由です。エイジングにより美肌成分が不足をして、っ毛穴が涙型に変わりやすいのは、不足の美容成分を補うことが必要になります。

まとめ

いちご鼻にはいくつかの種類があるので、毛穴トラブルの種類で対処も変わります。肌の毛穴問題での共通点のケアとして、皮膚の乱れたターンオーバーを正常運転に戻すこと、スキンケアでは水分補給を多めにすることです。

比較ページへのリンク画像