美肌になりそれを維持するための食習慣

美肌になりそれを維持するための食習慣

美しい肌を求めることは特に女性には重要な課題であり、向かい合うべきことは、人間は食べたものでできているということです。つまり人間の肌も、普段の食事の影響が大きく、高級化粧品より食べ物の影響を重視するのは必要だと言えます。

輝く健やか肌には良質のたんぱく質が必要

健やかで輝くような美しい肌には、質の良いたんぱく質の栄養素が必須です。多くの人がすぐに美肌に必要な栄養として考えるのは、ビタミンの栄養素であり、それは正しいですが、同じくらいたんぱく質も重要になります。臓器や爪に神経に毛髪などに至るまで、タンパク質の栄養は体全般に必要とされる栄養です。人間の素肌にも大きな影響力を与えるのがたんぱく質であり、コラーゲンの源であり、素肌にハリをもたらします。だから普段の食習慣では、できるだけ良質なたんぱく質を、食事から摂取することです。低カロリーで質の良いたんぱく質の代表は、日本人にもなじみがある大豆食品であり、納豆や豆腐に味噌醤油と、愛され続けている食材が多くあります。

美肌のための食習慣の決定版の栄養はキングのビタミン

ハリとうるおいに満ちた肌を手に入れて維持するために必須の栄養素の決定版は、各種ビタミンの栄養こそが秘訣です。ビタミンにはいくつもの種類があり、それらはそれぞれに素肌に健康であること、美しくあることを叶えるために働きます。輝く若い肌をもたらす最高のビタミンと言えば、美しい肌の王様的なビタミンCです。昔から美容化粧品でもビタミンCは認識が高く、それは現代のハイテク時代にあっても、食生活でも美しさを導くことは知られています。皮膚のコラーゲン生成には必要不可欠なビタミンCは必須であり、ほかのビタミンの栄養も肌に大きな影響をもたらす大事なビタミンたちです。粘膜や皮膚を丈夫にするのは、ニンジンやレバーにも多く含まれるビタミンAが活躍をしてくれます。

肌を健やかに保つにはミネラルの栄養も味方に

美肌を意識した食生活でビタミンは忘れなくても、うっかりしやすい栄養素が、うるおいには必須のミネラルの栄養です。体内にミネラルの成分が足りなくなりと、吹き出物などの肌荒れを起こしやすくなります。ニキビなどの肌荒れを起こしやすい時に不足をしているのは、亜鉛やマンガンのミネラルです。活性酸素は毎日体内で生まれていますが、その誕生をできるだけ阻害しようと働いてくれるのが亜鉛の栄養になります。亜鉛は海藻類にもたっぷり、卵黄や豆類に貝類にも多く、活性酸素から健康な細胞を守るのが得意です。素肌にハリを感じられないとき、足りないのはマンガンのミネラルであり、ほしひじきや大豆に玄米などには豊富に含まれています。

まとめ

美肌になるためにも、美しさを継続させるためにも、秘訣は栄養による食習慣の継続です。新鮮な旬を迎えた野菜や果物には、生きた酵素やビタミンがたっぷりですし、質の良いたんぱく質やミネラルなども、美肌には大きく貢献してくれます。

比較ページへのリンク画像