ピンセットでの角栓除去方法!

鼻の周りの角栓は、イチゴ鼻で恰好悪いと顔の悩みの1つにも上げられるほど気になっている方が多いものだと思います。

 

角栓を無理して抜けば毛穴が広がって見えてしまいますし抜いても直ぐに角栓が出来てしまうしで同じサイクルの繰り返しで根本的な悩みの解決にならないことが多いのではないでしょうか。

 

抑々鼻の角栓とは何なのでしょう?

 

角栓とは、顔の毛穴に詰まった皮脂や角質を指すのですが放っておくとニキビの原因になってしまったり毛穴が大きくなってしまうことで、より角栓が出来やすくなることになってしまいます。鼻に出来た角栓を抜く方法としてピンセットを用いる方法があります。

 

角栓をピンセットで抜くこと自体は問題がありませんがピンセットを用いる場合には、周囲のお肌に傷をつけることがない様十分に注意して頂きたいと思います。鼻の角栓を抜くにはまずは蒸しタオルを用いて毛穴を十分に開いてあげるなど角栓が出やすい環境を作ってあげることが大切だと思います。

 

また、先が丸く作られたピンセットでは角栓を上手く摘まむことが出来ないのでなるべく先の尖ったピンセットを用意すると良いでしょう。さて、ピンセットを用いて上手に角栓を抜いた後は十分なケアが必要です。

 

角栓を少々無理に抜いている訳ですから毛穴の大きさは化粧水などでの引き締め効果は殆ど効き目が無いほどになっているケースが多いようです。大きく開いた毛穴をそのままにしておくことで雑菌が入って思わぬ炎症を引き起こしてしまうことにもなりかねません。

 

一度抜いた角栓を再び詰まらせないようにする為にも、角栓を抜いた後のケアが非常に重要になるのです。ピンセットで角栓を抜いた直後は蒸しタオルを用いたり、ぬるま湯などで再度毛穴をふやかし柔らかくしてあげます。

 

その直後に今度はビニール袋に氷を入れた冷水などを当てて上げることで開いた毛穴をキュッと引き締めてくれることが出来ます。冷水で毛穴を引き締められた後は化粧水や美容液などでお肌を保湿してあげましょう。

 

乾燥しているお肌は毛穴が開きやすい傾向にあります。

 

化粧水や美容液などで毛穴周辺のお肌に潤いを持たせてあげることで毛穴自体が小さく目立たなくなる効果が期待出来るでしょう!角栓を放置して大きくなってからピンセットなどで抜くのでは毛穴は大きくなっていく一方です。定期的にケアしてあげることが大事になってきます。

 

また、やり過ぎてしまうのも肌への負担が大きくなってしまいますがなるべく小さな角栓のうちに丁寧にケアしてあげることで毛穴も徐々に小さくなり角栓も詰まり難い状態になっていきます。ピンセットの他にも角栓を取り除くアイテムは多々紹介されていますが前記の通り無理に取っている状況に変わりはありません。

 

つまり角栓を取り除いた後毛穴を引き締めたり保湿するなどのケアを繰り返すことで徐々に毛穴が小さくなっていくということを意識するのが大切なのではないでしょうか。

 

>>いちご鼻の治し方<<