肌に良い化粧水とは!?こんな効果があるんです!

化粧水とは何のために付けるもの?良く理解されていない方も多いのではないでしょうか!?

 

化粧水ってそのまま肌の水分になるわけではないんですよ?知ってました?

 

そして化粧水だけ使用して乳液を使用しなっていう方も結構多いみたいですが、化粧水の大半は水です!水の中に保湿成分と言うのはあまり配合できないのです。

 

ではなぜ化粧水を使用するのかと言うのが疑問になりますよね!?詳しく見ていきましょう!!

化粧水は何のために使用するの?

化粧水は何のために付けるのかと言うと、ズバリ清潔感があって、快い気分になるから使っているような物って知ってましたか!?

 

がっがりされた方も多いでしょうが化粧水はスキンケアにとって必要不可欠という物ではないのです!

 

ただ全く効果が無いと言うわけではありません!以外に化粧水は外せないという方もいらっしゃいますよね!?では使用するならどんな化粧水が良いのかご紹介いたします。

どんな化粧水を使ったらいいの?

肌をみずみずしく整えるという意味では、化粧水は好みで選んでいいと思います。ただ使うからには効果を求めたい!!分かります。そんな方は迷わずビタミンC誘導体入りの化粧水を選ぶのが一番おすすめです。

ビタミンC誘導体

ビタミンC誘導体とは抗酸化や美白、毛穴の引き締めなどさまざまな効果をもつスーパー成分です。このビタミンC誘導体はクリームより水に配合した方が安定性が高まるという特徴があり化粧水での配合に非常に適している成分なのです。

水溶性美肌成分

ビタミンC誘導体
ニキビ、シミ、シワ、毛穴のたるみなどあらゆる肌の悩みに対応しているスーパー成分!!種類がいくつかあり中でも「リン酸パルミチン酸型」がもっとも効果が高いと言われている。

 

各種抗酸化成分
水溶性の抗酸化成分なら、化粧水で使う意味がありなかでも「オウゴンエキス、リコピン、グレープシードエキス」など植物エキスが良く使用される。

 

保湿成分
アミノ酸、ヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分は水溶性なので化粧水にも良く使われています。しかしこれらが高濃度に配合されると美容液のカテゴリーになります。

化粧水の付け方はコットンよりも手

普通のスキンケアであればコットンを使う必要はないでしょう!

 

理由としてはjコットンを肌に滑らせるたびに力を入れすぎたり、強くパッティングしたりなど、皆さんの間違いポイントがたくさんあるからです!

 

どんなに上質なコットンでも強くゴシゴシすると繊維の刺激で角質に小さな傷がつきます。

 

角層に傷がつくと、肌の潤いが蒸発し、外からの刺激が肌に入り込みやすくなります。すると肌は乾燥して老化を招く要因にもなりかねません!

 

コットンを使用する際は正しい使い方を活用するようにしましょう!また、化粧水を手でつけると手が化粧水を吸い取ってしまうという話を耳にしますが全くの俗説ですので気にしなくていいでしょう!

まとめ

化粧水について理解していただけたでしょうか!?なんども使えばいいというものではないので使う場合は、なぜ使用するのか、どういう効果が得られるのか!と言う部分にしっかりと着目してみると使用する際よりその行為についての理解が高まります!

 

ただ漠然とよいからといって使用するのではなくしっかりと特徴や成分などを理解し自分のお肌にあった化粧水を使用する事が大切です。あなたもお肌についての理解をより深め美肌への道を極めてくださいね!

 

いちご鼻 治し方