クレンジングが必要な理由とは!?

なぜクレンジングをしなければならないの!?何てこと思ったことはありませんか!?クレンジングって結構面倒ですし、省けるものなら是非省きたいですよね!W
しかしそんな感じでただやみくもに使っていても肌をすこやかなに保つことは出来ませんよ!!この機会にクレンジングの意味を深く知っておきましょう!

クレンジングとは!?

クレンジングで落とすものは、油性メイクアップ料です。要するに普通の洗顔では落としきれないような油性を使ったメイクを落とすためにクレンジングというものが存在します!ですのでメイクをしている日にはクレンジングの必要があります。

クレンジングの成分

クレンジング料の成分は何で出来ているのかと言うと、油分と界面活性剤、プラスアルファで出来ています。油性のメイクアップ料を肌から浮き上がらせて落とすには油分がどうしても必要になってきます。さらに洗い流す際の水と油分をなじませる橋渡し役として界面活性剤が配合されているわけです!この油分と界面活性剤、水の配合量でオイルタイプやクリームタイプなどの形状に分けられるしくみになっています。

どんなクレンジング料を選んだらいいの!?

クレンジングは、その形状によって刺激の強さが異なり落ち具合などもタイプによって特徴が違います。では何を基準に選べばいいのかと言うと、自分のメイクの濃さを重点に置いて選ぶのがいいでしょう!
メイクオフ力が強い方からクレンジングタイプ別一覧

・シートタイプ
界面活性剤の洗浄力だけで落とすタイプで肌ダメージが非常に大きい!また拭くときにどうしても肌に小さな傷がついてしまう場合が多い!

 

・オイルタイプ
界面活性剤を多く含むため、簡単に落ちるのが人気!肌へのダメージも大きいのでメイクの濃ゆい日をだけに使用するのがオススメ!

 

・ジェルタイプ
 乳化していない透明のジェルタイプは界面活性剤が多く肌への負担は大。クリームのような乳白色タイプが好ましい!

 

・クリームタイプ
適度な油分を含み、肌へのやさしさとメイクオフ力を兼ね備えている。欠点としてメーカーによるばらつきが多少あるので注意が必要!

 

・ミルクタイプ
肌にはやさしいものの、水分が多いためメイクオフ力はいまひとつ。薄いメイクの人向き!

普段のメイクが濃ければもちろんメイクオフ力も高くならないと落ちにくく、また休日の薄いメイクなら弱めででも十分におちます!メイクオフ力が高い物は当然メイクの落ちも早く良く落ちますが肌に悪い界面活性剤が多く使用されているので肌への負担も大きいです。個人的には油分も水分も多すぎずバランスの良いクリームタイプがおすすめです。

頑固なポイントメイクは

マスカラや口紅を使うと中々落としきれないことってありますよね!?そんな時は専用のリムーバーで落とすようにしましょう!特にロングラスティングなどを使ったときは必須です!肌への負担も考えるとリムーバーの方が圧倒的に優れています。

どんなリム―バーを使ったらいいの?

ズバリ言うと、自分が使用している化粧品のリーム―バーを使うといいです!メーカーは自社ブランドのマスカラや口紅が落ちるかどうかでリムーバーを開発しているので同一メーカーのリムーバーを使うのが無難と言えます!

薬局やドラッグストアに精製されたオリーブオイルが売られています。これは食用ではなく、皮膚の保護のために使われるものですが、このオリーブオイルでもポイントメイクを落とすことが出来ます!界面活性剤が入っていないので、肌に優しく落とすことが出来るので敏感肌の人や専用リムーバーで肌荒れをしてしまったことがある人はこちらがおすすめです。

いちご鼻 治し方