綿棒を使った簡単な角栓ケア方法!

鼻にぶつぶつした角栓は皆さん気にしていると思いますが実際にどのように角栓を取ったら良いのか分からない人は多いと思います。

 

下手に取ろうとしてもし悪化したらどうしようなど不安もあり放置している場合もあるようですね!角栓は適切なケアをしないと簡単に取る事は難しいです。

 

そこでどこの家にもある綿棒を使って簡単に角質を取る事が出来るので綿棒を使った簡単な角栓ケア方法をご紹介します。

 

綿棒とオイルを使った角栓ケア

鼻などにつまった角栓はなかなか上手に取れないですが実はオイルをたっぷり綿棒にしみこませることにより簡単にケアすることが可能です。

 

何故オイルを綿棒に塗るだけで角栓が簡単に取る事が出来るのかというと毛穴に詰まっている皮脂や汚れがオイルに馴染み角栓が取りやすい状態を作り出してくれているためです。

 

そのため無理にとがったもので取ったりしなくても力をかけずに取れることが出来るのでお肌にも優しい綿棒を使ったケア方法として紹介されているのです。

 

角栓ケアのやり方

初めに綿棒にたっぷりとオイルをしみこませます。そして綿棒を気になるところに横に倒して角栓のところにくるくる優しく回すように当てて行きます。

 

これだけでだいたいの角栓を取る事が出来るので本当に簡単です。

 

ここで中々取れない角栓がでてくると思います。しかし落とせない角栓はいくらやっても落ちないので無理に取ろうとせずに次回の角栓ケアに持ち越しましょう!無理にとるとお肌を傷つけてしまいます。根気よくケアするようにしましょう!

 

その後洗顔をしキレイに洗い流します。

 

この時たっぷりの泡をつけて洗うことでオイルが落ちやすくなるのできれいにオイルを落とすようにしましょう!

 

オイルが顔に残ったままだと肌トラブルを起こす可能性があるので気を付けてください!泡で顔を洗顔したら水でもう一度顔を水ですすいで完了です。

 

最後は化粧水と美容液などで十分に保湿ケアをしてください。

 

オイルは何を使うべき?

ベビーオイルや植物性のオイルなら品質が良いのでお肌が弱い人や敏感肌の人がつけても安心して使用できるでしょう!使うならベビーオイルか植物性オイルを選ぶといいと思います。

 

なぜ綿棒を使った角栓ケア方法がいいのかと言うと肌に優しいオイルを使うのが大前提なのでお肌が弱い人でも安心して角質のケアをすることが出来るという点です毛穴パックは便利で簡単だと思われがちですが使いかたを誤ると表皮も一緒にはがしてしまう可能性があるので余りおすすめできません!

 

ですので毛穴パックでの角栓ケアには十分な注意が必要です。また、お肌が弱い人は肌がかぶれてしまうなどのトラブルも起きる可能性があるので綿棒の方がより安心して使うことが出来ます。

 

綿棒での角栓ケアはやわらかい綿棒でケアできるのでお肌を傷をつけずばい菌も入りにくいといったメリットも含まれておりお肌に優しくケアする事ができるのです。

 

そのため頑固な角栓も丁寧に取る事が出来ます。角栓はその状態によっては毛穴自体が小さく浅い角栓や毛穴が大きく取るのが難しいやっかいな角栓もあるのはご存知でか?こういった角栓などはなかなか角栓が落ちないのでとても根気が必要なんです。

 

そのため角栓ケアを途中であきらめてしまう人も少なくないようです。

 

しかし角栓はケアなしでは勝手になくなる事はないので放っておいてもお肌にとって良い事は何一つないのが事実です。角栓は気にしすぎてもダメですが自分のお肌と相談して角栓ケアはするようにした方がいいでしょう!

 

綿棒を使った角栓ケアがおすすめな理由は?

一番オススメできる理由が安くケアできるところにあります。

 

毛穴パックも確かに便利ですが10枚しか入っていなくてそれなりのお値段がするのでコスト的には悪いですよね。

 

ですが綿棒なら100本近く入っていて100円くらいで変えますしベビーオイルも一度買えば長い間使うことが出来ます。

 

ですので毛穴パックやその他のケアの中でも綿棒でケアする方が圧倒的にコストパフォーマンスに優れています。頑固な角栓ケアをするなら一度では取り切れないので継続的に行う必要があります。ですのでやはりコストはとても大切になって来るのではないでしょうか。

 

まとめ

お肌のケアは何かとお金がかかりがちなのですが綿棒の角栓ケアは低価格でケアできるので是非試して欲しいです。綿棒での角栓ケアは非常に簡単なので継続しやすいと言うメリットもあります。

 

角栓が詰まっていて悩んでいる人は是非この方法を試してみるといいでしょう!注意点としてはやはりお肌を傷つけぬよう優しく丁寧にやる事が大事です。角栓ケアの最中は力を入れてしまうとお肌が傷ついてしまいます!せっかくのケアをだいなしにせぬようお肌のケアには十分に注意することが必要です。

 

>>いちご鼻 治し方<<